Group Taskの使い方

Group Taskの基本的な使い方の説明

Start your free trial Login
Group Taskの基本的な使い方
Group Taskの基本的な使い方は以下の3つです。
  • メンバーにタスク(作業)を依頼する
  • タスクを依頼されたメンバーが作業し返答する
  • グループ内で発行されたタスクの状態を管理して必要に応じてリスケなどを行う
メンバーにタスク(作業)を依頼する

タスクの発行は、左のサイドメニューにある「Create a new task」から簡単にできます。

タスクを依頼したいメンバーを選び、タスクのタイトル(タイトル欄)、タスクの内容(メッセージ欄)を記入し、末尾の登録ボタンを押せばタスクを発行できます。
なお、これらの項目以外にも、開始日や期限、優先度、繰り返し設定(定期タスク設定)といったオプションも設定可能です。

タスクを依頼されたメンバーが作業し返答する

ログイン後のダッシュボードの My Tasks の欄には、自分に対して依頼されているタスクの一覧だけが表示されます
表示方法は、右上の「リスト表示」「期限表示」で切り替えることができます。
タスクを確認し返答する場合は、確認したいタスクをクリックします。

タスクの詳細ページが表示されます。
タスクの内容や期限などのオプションを確認することができます。
例えば「引用して更新」ボタンを押すと、メッセージの欄には、前回の登録内容を引用した形で返信を書くことができます。

依頼された作業を実行し、依頼に対する返信内容をメッセージに記入して「更新」ボタンを押せばタスクへの返答が完了します。

グループ内で発行されたタスクの状態を管理して必要に応じてリスケなどを行う

グループ内で発行された全タスク一覧は、左のサイドメニューの「Task manage」から行います

(1)で表示するタスクの絞り込みができます。
(2)は「移動アイコン」と「 メニューアイコン」です。
(3)でタスクの表示形式を切り替えられます。

実際に運用していると上記の画像のように「期限切れ」のところにタスクがたまることがあります。
このような場合は、グループ内で相談し、期限や担当者の変更、内容の見直し(作業をさらにこまかなタスクに分けるなど)などを行うことが重要です。
大雑把な期限の変更であれば、「移動アイコン」をドラッグしたまま、タスクを移動させたいところにドロップすれば変更できます。
その他の変更を行いたい場合は「メニューアイコン」より設定を変更できます。
設定や詳しい利用方法

設定方法や詳しい利用方法は以下のガイドをご覧ください。